【FEH】ユニット評価 夢によぎりし慈母 ミコト

ステータス・個体値(星5)

名前夢によぎりし慈母 ミコト
属性
武器タイプ杖(射程2)
移動タイプ歩行
絵師伊藤未生
声優大原さやか
登場作品ファイアーエムブレム if
LV1HP攻撃速さ守備魔防
得意1710(21)968
基準値169(20)857
苦手158(19)746
LV40HP攻撃速さ守備魔防
得意4138(49)352330
基準値3835(46)322026
苦手3432(43)291723
総合値150~152

攻撃に優れた無杖歩行ユニット。

オススメ得意は速さ↑
基準値32では足りないため、底上げしたい。
もしくは攻撃↑
長所が伸び、敵を確殺できる場面が増える。

オススメ苦手は守備↓
役割的にここを下げるのが無難だろう。
HP↓だと-4されてしまう点に注意。

スキル

武器スキル

武器名フラッシュ
威力11
射程2
効果戦闘中に攻撃していれば、戦闘後に敵と、その周囲2マスの敵に
反撃不可の状態異常を付与(敵の次回行動終了まで)
相性

新汎用武器。
性能的には花嫁リンの持つキャンドルと同じ。
いやらしい効果で使い所はあるが、ペイングラビティへ持ち替えたほうが活躍できる場面は多いだろう。

補助スキル

スキル名セインツ+
効果自分が負っているダメージ+攻撃50%(最低7)、対象を回復
自分も負っているダメージの半分回復
相性

杖の補助スキルは好みのものを使えばよい。
とはいえセインツはやや使いにくいため、変更推奨。

奥義スキル

スキル名祈り
カウント5
効果自分のHPが2以上で敵の致死攻撃を受けた時、
ダメージをHPが1残るように軽減
相性

粘り強く戦えるようになる奥義スキル。
カウントを貯めるのは大変だが、貯まれば恩恵は大きいため、このまま運用すればよいだろう。

Aスキル

スキル名攻撃魔防の大覚醒3
効果戦闘開始時、自分のHPが80%以下なら戦闘中、攻撃、魔防+7
相性

相性的にはまずまず。一撃であれば耐えられることが多いため、効果発動機会は多い。
とはいえ攻撃速さの孤軍などに持ち替えたほうが汎用性は高い。

Bスキル

なし。

杖ユニットであるため神罰or幻惑の杖を持てばよい。

Cスキル

スキル名歩行の剛撃3
効果周囲2マス以内の味方歩行は以下の効果を得る。
攻撃が敵より1以上高い時、自身の攻撃による奥義発動カウント変動量+1
(同系統効果複数時、最大値適用)
相性

歩行パであればこのまま、それ以外では鼓舞紋章指揮など、もしくは死の吐息を持てばよい。

聖印

攻撃・速さを盛る、もしくは死の吐息がオススメ。

スキル構成例

死の吐息型

武器ペイン or グラビティ
補助リカバー+(自由枠)
奥義祈り(自由枠)
A攻撃速さの孤軍
B神罰 or 幻惑の杖
C死の吐息
聖印死の吐息
個体速さ↑/守備↓

杖といったらこれ。
無難に強いが面白みはない。

総評

攻撃に優れた無杖歩行ユニット。
攻撃は35と杖の中では非常に優秀なのだが、専用武器を持たないため、実質的な火力は高くない。
速さや耐久性能も中途半端であるため、はっきり言ってしまうと弱いユニット。

運用方法としては星3、4排出される第一世代歩行杖ユニットと同じになってしまうだろう。
性能的には使用する意味がないため、ミコトが好きなプレイヤーには頑張って欲しい。

総合評価:C+

シェアする

フォローする

関連記事